1980年当時、2ストバイクは騒音等の問題や4ストバイクの台頭から消滅してしまうのではないかと噂されていたのだ。

そんな時に、突然デビューしたRZ250はセンセーショナルな話題で沸騰!

 

ヤマハが2ストバイクメーカーの最後の意地を見せつけるために放った最後の宝刀がRZ250。

ボディーカラーは、ホワイトとブラック共にタンクには赤色にヤマハの文字が抜かれているのが初期型RZ250なのだ。

RZのRはロードモデルの2ストクラスを表しZは水冷で合わせてRZになる。

ヤマハで最後の2ストバイクとなる覚悟からか究極を意味するZを水冷と合わせて付けているのである。

 

250cc2スト水冷ツインエンジンは、レーサーレプリカのTZ譲りと歌われ35PS7の強心臓を誇った。

街中でシグナルGPで不用意にクラッチを繋げば簡単にウイリーしてしまい、高速道路で最高速チャレンジに挑戦すれば160kmのスピードメーターは簡単に振り切れてしまったのだ。

RZ250は、400キラーの別名を戴いた。

峠道ではその旋回能力と鋭い加速から750キラーの異名までいただくようになったのはもちろんだ。

 

翌年には、100ccアップされたRZ350が発売されたので750キラーの座は譲ってしまったがそれでもRZ250の魅力が衰えることはなかった。

RZ250乗りのなかには、事故ったRZ350からエンジンを拝借して改造してしまう強者もいたらしい。

250ccのフレームに350ccのエンジンを積むと振動がかなり強いので、あらゆるところのネジがすぐ緩んでしまうので注意が必要になる。

RZ250は、名車中の名車でまさにエポックメイキングなバイクになるだろう。