カワサキ 750ss マッハⅣ (H2)

1969年発売のじゃじゃ馬マッハⅢ(500ss H1)は、その当時最高速をマークする最高峰のバイクだったが、ホンダが満を持して発売したナナハン・CB750にその座を奪われてしまった。

 

CB750は、価格的にはマッハⅢの1.5倍もしたが余裕の馬力や車格から次第にマッハⅢの人気を奪っていったのだ。

この時点で、カワサキも大排気量のインラインフォーエンジン搭載のバイクを開発中。

開発目標は、あらゆる点でCB750を上回るように改められ、開発期間の延長されて発売開始は1972年。

 

750ssは、ライバルCB750に対抗するためにマッハⅢの排気量をアップさせ登場させた急場しのぎで出来た、まさにアダ花みたいなモデルだったのだ。

性能は、CB750以上の最高速と加速性能を発揮!

 

まぁ、排気アップと車格アップしたおかげで500ssマッハⅢよりは幾分マイルドで扱いやすくはなったのだが、車重は、200kgを切るのに、74馬力なので数字から見ても750ssもそうとうじゃじゃ馬だったことは容易に想像できる。

バイクの騒音・排ガス・燃費問題など2ストバイクには逆風の時代に突入。

 

マッハシリーズは、性能をマイルドにするためデチューンされたKHシリーズに移行していったのだが750ssのみ1975年を持ってモデル消滅したのは時代の流れだろう。

カワサキとしても、4ストインラインフォーのZ1を発売したことから、無理して2ストのナナハンを販売しなくてよくなったからだろう。