1999年突如、なんの前触れもなく登場したカワサキ・W650。

 

いきなり復活したバーチカルツインのW650。

 

その外観は、

まさに往年のW1を彷彿させてくれるネオクラッシュク。

 

キャプトンマフラーやメッキタンクにメッキの泥除け、

フロントゴムブーツやメッキのメーターケースなど

ネオレトロの名をがそう示す通りの古式ゆかしい出で立ちをしている。

 

ハンドルは2種類あり、昔懐かしいアップハンドルと、

コンチネンタルハンドルのローハンドルが用意されているのはとてもうれしい。

 

W1を強く意識したせいか、

エンジン始動にはセルとキック併用になっている。

 

もちろんそれは外観を重視するためなのだ。

 

セルがあれば、キックを付ける必要もないのだが、、。

 

搭載エンジンは、675ccなのになぜかW650。

 

初代W1が650ccだったことに拘るあまり

W675とせずにW650に強引にしたのだ。

 

(でも、後からW400とかW800とか発売されているのだが、、。)

 

空冷4ストツインエンジンは、

初代W1を意識して英国車風バーチカルツインを踏襲している。

 

675ccもの大排気量ながら最高出力は50PSと控えめなもの。

 

2004年以降は、排ガス規制のため若干んパワーダウンして48PS。

 

まぁ、排気量の割には絶対的な性能は400ccクラス並みなのは残念。

 

しかし、エンジンの味付けは

W1風になるように重たいフライホイールやロングストロークで

かなり昔のW1風に仕上げられているのだ。

 

人気はそこそこあったのだが、

2008年の排ガス規制を迎えることなくモデル消滅。(合掌)