1980年に登場したRZ250から、端を発した2ストローク新時代の新たなライバル闘争に、4スト中心でいたホンダがなぜか、2ストで参戦!

しかも、250cc2ストツインではなくてトリプルV型エンジンで殴り込みしてきたのだ。

2スト3気筒なら、カワサキのマッハの末裔KHの再来か思ってしまう。

 

newMVX250F「V3センセーション。矢のような3本マフラーが駆け抜けた」
(ホンダ カタログより)

 

ちなみに、カタログに使用されているライダーは、あのフレディ―スペンサー!!(きゃ~!男なのに黄色い声を出してしまうぜ。)

なんてたって、マッハⅢのトリプル3本だしマフラーに憧れていたので、もう小躍りしてしまうくらい喜んでしまう。

搭載エンジンは、GPレーサーマシンのNS500をベースにしたもの。

 

排気量は、ベースの500ccの半分の250ccで、2スト水冷Vツインエンジンは、前側に2気筒で後側1気筒であった。

NS500は、前側1気筒で後側2気筒なのでまったく逆になった構造だった。

 

同時代の、VT250とかなりの部分で部品が同じになっているのは開発コスト削減のためか。

最高出力40PSでクラス最高を歌って登場したのもつかの間、RZ250がモデルチェンジしてRZ250Rとなり43PSになり、スズキからはレーサーレプリカの雄RG250γが45PSにフルカウルで発売されたため一気に人気が低迷してしまった。

 

MVX250Fの2スト3気筒エンジンは、低速からトルクがありピークパワー値は穏やかでRZ250よりも実に扱いやすくて運転しやすいバイクだったらしい。

しかし、当時すでにレーサーレプリカでスペック至上主義に陥っていた250cc2ストマシンのライバルと互角に勝負するには少々部が悪かったのは否めない事実だろう。

2ストV型3気筒エンジンからくる焼き付きや白煙などの不評からわずか1年で販売終了してしまったホンダの迷車№1のMVX250F。

 

噂では、販売開始からたった2-3ヶ月しか生産されなくて後は在庫整理だったとか!?
(ホントかよ、、。)