今、ホンダの250ccスポーツバイクは、CBR250Rのご先祖様みたいなのがCB250RSなのだ。

RZ250やVT250などの高性能バイクとは違う楽しみ方のバイク。

いわゆる、単コロバイクでトコトコと気持ちいい排気音でゆったりとマイペースで走るのがピッタリ合っているバイクなのだ。

 

小さ目の車体と、軽い車重から女性ライダーに好まれていたようだ。

単車乗りであまりこれに乗っていた男は俺は知らない。

「ひらり俊足モダンシングル」のキャッチコピーで当時人気・実力ナンバーワンライダー片山敬済がCMしていた。

 

搭載エンジンは、オフロードバイクのXL250から流用されたもので25馬力。

角目ヘッドライトは80年代には多かったが、CB250RSが発売された1980年ころではまだそれほど角目ヘッドライトは多くなかったと思う。

 

81年には、セルモーター始動で馬力が1PS上がったCB250RSZが登場。

さらに乗りやすくなって人気上昇!

シングルエンジンなのになぜかマフラーは2本出し。

軽量化よりも豪華に見せるためか?当時の暴走族対策のためお役所から集合管にする許可が出なかったのだろう。

 

80年代初めころの、ホンダの250ccバイクはCB250T(ホーク)のツインエンジンVT250の水冷Vツインエンジン、2ストレーサーレプリカのNSRにこの単気筒エンジンのCB250RSと実に多彩なのであった。

 

今、ホンダの250ccラインアップにツーリング系のバイクがないのが残念と言えば残念。

CB223Sでは、ちょっと違うような気がする。