中型二輪で乗れる今どきの250ccバイク。

 

誰がなんと言おうとバイクの車検区分が改正されない限り、

日本で一番安くて早い乗り物は車検の必要がない250ccのバイクになるのだ。

 

しかも、高速道路乗り入れOK。

 

実は普段使いも十分こなせる250ccバイクは、俺の一番のお気に入り。

 

 

そんな最近のバイクであるスズキ・GSR250。

 

GSとかGTとかGSX、、、

なんとなくGで始まるバイクはスズキかなと

連想してしまうのは単車乗りの性か?

 

GSは、スズキでは4ストツインに与えられたネーミングでRは

もちろんレーシングに決まっている。

 

250cc4ストエンジンは、単コロ・ツイン

それにインラインフォーと実に3種類あるのだがやはりベストはツインだろう。

 

ツインにはパラレルツインとVツインがある。

 

今まで250ccの4ストツインに乗ったことがないのは、いささか残念なことである。

 

これから機会があれば、乗っておくべきであろう。

 

GSR250は、中国生産で日本へ輸入されている帰国子女みたいなバイク。

 

中国での最大排気量は驚きの250ccなのだ。

 

うぅ~ん、中国に生まれなくてよかったかな。

 

日本に生まれたなら、まだナナハンに乗れるチャンスがある。

 

中国生まれのせいか後ろ姿は400cc位に見えるGSR250。

 

やはり、フラッグシップモデルは大きく見えないといけないのは

洋の東西を問わないのだろう。

 

それはさておき、水冷4ストツインエンジンの出力は24PS/2.2kgfは、それほど過激な出力ではない。

しかし、最近のバイクのラインアップでは250ccで24PSはなかなか高出力の範疇に入っているのは実に驚きだ。

きっと、RZ250に乗っていた俺が乗ったなら「なんだこりゅあ??」と激怒するバイクかもしれない。

(まぁ、50過ぎでバイクから降りて25年にもなるから再びバイクに乗ればどうなのか、、。)

 

峠を攻めたりする過激な走りなんかしない、ゆったりしたロングツーリンに向いているバイクなのがGSR250なのだろう。