ホンダ・ジャズは原付50ccのアメリカンバイク。

 

ジャズの名前は、いすゞからOME供給されていたビックホーンや

輸出車のシティやフィットなどの車にも使われていた車名。

 

 

1986年4月に個性あふれる本格的アメリカンスタイル50ccスポーツバイク

「ホンダ・ジャズ」として華々しくデビュー。

 

 

搭載エンジンは、カブ系の横型エンジンの空冷4スト単気筒エンジンなのだが

ダックスのようなつりさげ式でなくちゃんとツインチューブのフレームに乗せられている。

 

かなり、良さそうなフレームなので排気量アップして

80ccや120ccとか積む計画があったのかもしれない。

 

 

ハンドルは、純正ながらけっこうアメリカンしてるチョッパーハンドルで

小さ目の丸型ヘッドライトがイカシテル。

 

エンジンスペックは、4PS/0.43kg-mなので、モンキーと同じところだろう。

 

 

50ccは、タンデム出来ないので勿論、一人乗り用だが結構いいデザイン。

 

タンクは、アメリカンな小ぶりなティアドロップタイプ、

リヤカウルもアメリカンらしくうまくデザインされている。

 

 

リヤホイールは日本初のミラードホイール採用でワイドタイヤが装着される。

 

始動方法は、キックのみ。

 

2001年の法改正になるまで生産販売されロングセラーモデルだった。

 

 

ジャズの新車価格は19万9000円。

それほど人気があったわけではないので

中古車価格も7~20万円くらいで14万円くらいが中心の価格になっている。