晴天の時は、気持ち良いツーリングが楽しめるバイクだが、一転して雨の日は最悪な乗り物になってしまう。

ヘルメットのシールドは、雨露で見えにくくなり時々手で拭わなくてはいけない。

さらに、足元が普通のスニーカーの場合はすぐビショビショになってしまう。

 

路面が、ビショビショになるほど濡れるとズボンの膝からしたはまづずぶ濡れ状態になる。

悪天候時は、レッグシールド付のホンダカブが足が濡れなくてとても良い。

 

まぁ、濡れてそのまま自宅まで帰れる日は諦めてそのままバイクを飛ばして帰るのだが、

ロングツーリングとなるとそうもいかないだろう。

 

一日だけの日帰りツーリングなら諦めて、予定をずらせばいいのだが、

連泊でツーリング中だと雨が降ったからと移動中止にするわけにもいかないだろう。

 

降雨時にツーリングするなら、カッパが必要になる。

安いものなら、百姓カッパと呼ばれているビニルのゴワゴワした安カッパがある。

値段が安いだけで、なにもいいところはない。

百姓カッパのズボンは裂けてしまうことがある。

 

まぁ、値段も値段なので割り切って使うものだろう。

3000円も出せば、ワークショップで中くらいのカッパが手に入る。

使い心地も、まぁまぁ使えるレベルだ。

 

バイクメーカーのカッパはデザインも機能性も良いが。

ついでに値段も目玉が飛び出るくらい高い1万円以上もする!!

 

作業服を売っているワークマンで、バイク用のカッパが売られている。

その名も「バイカーズ」で、まさにライダー向けのレインウエア―なのだ。

 

防水性は、同社製の中ではトップクラスの性能を発揮して快適そのもの。

値段は、5800円とバイク―メーカー製カッパの半分以下とリーズナブルになっている。

この値段と機能なら、メーカー製レインウエアは必要なさそうだ。