いったい、スズキ・チョイノリでどこまでツーリングできるか?

 

答えは、どこまでもツーリング出来るのである。

これは、ただ単に忍耐強くやる気がどこまで継続できるのかの問題。

 

言い換えれば、ママチャリでどこまでサイクリング・ツーリングが可能か?と同じくらいの質問になる。

ママチャリなら20~30kmくらいまでサイクリング出来るのであれば、スズキの発電機用汎用4ストOHVエンジンを積んだチョイノリなら3倍くらいの90kmは楽勝で走破出来るだろう。

 

まぁ、250cc以上のバイクなら一日に250kmくらいのツーリングなら観光しながらでも楽勝でこなせてしまう。

 

チョイノリのスピードは原付なので制限速度は30km。

チョイノリのエンジン性能からも巡航速度は40kmがやっとだろう。

それでも一日120kmくらいのツーリングはこなせそうだ。

 

スピードが遅いのはもちろんだが、チョイノリのノーサス=リジット仕様にどこまで耐えられかによる。

別に、距離が進まなくたってあせらなくてもいい。

 

チャリンコ+αの低速ならではの発見は、きっとあるはず。

気が向いたところで休憩したり観光したりすればよし。

 

一日120km走行なら、札幌から函館まで2日かかりだ。

洞爺湖温泉で一泊だなー。別に時間に拘らになら、3泊だって全然OK。

そうなると、初日は北湯沢で一泊とかも有りだなー。

 

大排気量の大型ツアラーでツーリングもいいかもしれないが、原付にはゆっくり・のんびり旅の景色を楽しむ楽しさがきっとあるはずなのだ。